オキシクリーンとクエン酸を使ってキッチンの大掃除

我が家のキッチンは2年ほど前にリフォームしました。ステンレス製で、汚れが付きにくく掃除がしやすいという謳い文句のものでしたが、それでもやはり日常の汚れは少しずつたまるものです。毎日ある程度拭き掃除はしていましたが、なんとなくステンレスが曇ってきた感じがしたので、今日は思い切って大掃除をしました。まず、シンクにお湯を張って、オキシクリーンを溶かして入れます。そこにガスコンロの五徳や、いつも掃除が行き届かない水切りかご等を漬けて2時間程そのまま放置します。ついでに茶渋が気になるマグカップなども漬けておくと、一緒に漂白することができます。そして漬けている間に、オキシクリーンが溶けたお湯でタオルを濡らして絞り、そのタオルでキッチンの調理台やガスコンロ周り、換気扇周りをすべて拭き掃除します。オキシクリーンは拭き取る必要があるので、別のタオルを水で濡らして絞り、もう一度拭き掃除をします。これで、シンクの艶が以前より戻り、かなりきれいになります。さらに、それだけではきれいにならないゴムパッキンなどの細かい部分には、クエン酸を溶かした水を霧吹きで吹き付けて、拭き掃除をします。
最後に、オキシクリーンで漬けておいたものをお湯でしっかり濯ぎます。そしてシンクをスポンジでこすって洗い流せば完了です。少し大変でしたが、きれいになって気分もすっきりしました。