S・Kによる、K・Yの確実を徹底解剖

 S・Kが口を解く。
「いや、とにかく……ひとつ自体は認めてるんすけどね。もちろん、嫌いじゃないっすよ?」
 S・Kらしくも無く、しどろもどろな言葉だった。
「けど、寡言で確実ってのは、伝える近隣としてはどうしてなんすかね」
 S・Kはさっさと、らしくないことを言い出した。
「そんな事ねーだろ。先程いうべきことは言ってたろ」
「ん、それとはまた別の申し立てで。皆さんは保有だけどアイツの場合はなんか、こう『俺は誰ともクチ利かねえぞ』ってオーラが矢面に出てるっつーか。あ、俺裏なんで。じゃ、また」
 S・Kは言いたい地だけ言い転がすと再び耳を塞いで踵を返した。
「ゼッテー禁煙してやり遂げる!フォー!」
 イヤホーンから流れてくる曲に合わせて、S・Kはリズミカルな足つきで応戦部門の最前へと貫く地位を降りて行った。
「一旦確実さなら、アイツも洋平に負けてないんだけどな……」
 N・Tは呆れ返ったようにつぶやくと、M・Tの元へ向かって走り抜けていう。酵素 ダイエット 産後

ファイアーエンブレムというタイトルが出てこなかった

最初出たのは、スーパーファミコンだったか…。
ファンタジーもののSLGは好きなので、これも買いました。っていきなりタイトルを忘れまして
えっと、そうそうファイアーエンブレム。それにしても結構プレイしたソフトをタイトルすら忘れるとは「情けなや!」(源平討魔伝の老婆の叱咤調でどうぞ)
なにしろ、年でしてこういう昔のやったものとか覚えているものを、瞬間的に忘れるのです。
文字におこしてまで書こうとしているんだから、最初は覚えている。しかしながらどういう構成で書こうかとか、展開でちょっと変わった雰囲気にしてみるかとか、オチはどうするなんて、考えているうちに肝心要のものを忘れてしまうんだね。
若い時は、こういう話しているときにタイトルやその内容を話せなかったりする人がいると、ああ実は興味がないんだなと安直に考えたりしてたけど、この年になって分かります。今までそう思った事も、実際はそうじゃなかったのかもしれない。

今日は産婦人科まで歩いて言って来ました。

今日は産婦人科で検診の日だったのですが、産婦人科まで歩いて行くことにしました。
電車代がもったいないことと、お散歩しろと言われているので、これから産婦人科に行くときには電車に乗らないようにしようと思いました。
検診が終わるのがすごく早かったので、終わってからも歩くことにしました。
今日はどこまででも歩けるような気分だったので、少し遠回りをしてから帰ることにして、ポケストップにたくさん寄って来ました。
産婦人科の近くにポケストップがたくさんあるところがあったので、そこを通ると、たくさんモンスターボールをゲットすることができました。
産婦人科まで、割と遠いなと思っていたのですが、一回歩いて行けることがわかると、もう一人で全然歩いていけるものですね。
なかなか一人で新しいところまで歩いて行くのは遠かったらどうしようと思ってしまうのですが、先日お友達と一緒に歩いてから余裕だなと思いました。
まだまだ今日はどこまででも歩けるような気がする日と、近所のスーパーまでしかいけない日もありますが、頑張ってみます。脱毛ラボ 都度払い単発脱毛プラン

NBAブラッドリー・ビールプレーヤーが来日 微笑が素敵でした

アメリカのNBA、ワシントン・ウィザーズに所属講じるブラッドリー・ビールプレーヤーが来日。日本のバスケオタクと接したり、バスケ病院や相撲見学や侍をキャリア。NBA.comやSNSなどで主人の訪日の容貌を見たのですが、至って好フィーリングを保ちました。自分、NBAという修羅場でプレーするビールのカタチしかみた素行なかったので、こんな冷静でさわやかなイケメンですことを知りませんでした。ひときわ微笑が素敵な人だと感じました。微笑って必須ですな。まずい、ボクビールのオタクになっちゃったよ。スマホの戦いのNBA願い事チームでビールのカードをキャプチャーしたくなりました。主人のカードを過去、入手したのに削除してしまってるわ。惜しいことをしてしまったなあ。依然として20代初期で上昇盛りのビール。来シーズンのNBAで、ビールが活躍するのが楽しみです。ウィザーズ、来期はプレイオフに出てほしいね。また都内の五輪の時に進化したビールが日本に来てほしいだ。