出来上がり育った事情で違うお茶漬けのテーストについて

先日、主人と乳児とお茶漬けを食べたときの筋道だ。わたしの在宅は、お茶漬けといったら、なんのバラエティーのお茶漬けだろうと、お茶をかけて食べるのがお茶漬けだと思っていました。外食で、思い切りお大きいホテルなんかで現れるお茶漬けは測量断ち切るとして、家で取る茶漬けは、梅だろうが鯛だろうが鮭だろうがなんでもお茶をかけます。それが、普通のことだとおもって生きてきました。しかし、主人と結婚してお茶漬けにお湯を引っ掛けるやつが掛かることを知りました。お茶漬けの素には概ねお茶のテーストがついているのだから、そちらいじょう濃くする必要がないという定理らしいのですが、やっと見たときは驚がくでした。これが、育ってきた背景の不等かと思いました。お話はもどしますが、そんな食べ方の違う両者と乳児でお茶漬けを食べたとき、乳児はお湯のお茶漬けの人物を選んで食べました。どうも単独取り残されたテンションになりました。だからといって、お湯茶漬けにかえるつもりはないですが、でも乳児は必ずやこのままお湯をかけて食するんだろうなと思います。あんな茶漬けについて仰ることのできるデイリーで私は大いに幸せです。