神社の大きなもみじの木を伐採で寂しがる人たち

 昼、近所の神社からチェーンソーや、車両の調がしていました。最初は工事でもしているのかな?と思っていたのですが、はからずもその近隣を通った場、神社にあった大きなもみじの木を伐採していました。そのもみじの木は虫に食われたのか疾病なのか、木の下のほうに大きなトラップが開いていて腐りかけているような感じで、絶えず通りかかるたびに危ないなぁ、と思っていた場でした。
 その木は秋になると、葉がきれいな赤色になって夏場ごろには爽やかで涼しげな緑になり、見ると時分を感じさせてくれました。その木を加工されると分かり自分は「へ〜そうか。ま、恐ろしいもんなぁ」という感じでした。
 ところが、近所のお老人たちは、「あそこの木どうなったの?切ってるの?なるほどぁ・・」「なんで切って仕舞うの?」と、ほんとに気の毒そうでした。永年住んでいる人たちにとっては町の証明のようであったようだ。切ったサマリーは直ちに付近中に広まっていました。私も永年住んだら町のものに思いいれが強くなるのかなぁと思いました。ミュゼ vio